読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sushimenのブログ

鮨と麺が好きです。

丸の内『まんてん鮨』でゆっくりし過ぎて飛行機の搭乗時間に遅れました。

東京駅→成田空港の格安バスに乗る前に、せっかくなので丸の内『まんてん鮨』のランチ握りを食べに行きました!
f:id:sushimen:20161103094654j:plain
まんてん鮨』は西麻布『すし天』の大衆版的なお店で、高級感はありませんがお得感はいっぱいです。

11時開店に合わせて到着したのですが、既に9人目でした。
その後も、続々と入店し、11時20分頃には満席となりました。
今までこんなに早く満席になった事は無いのですが、日によって違うのでしょうか?

f:id:sushimen:20161103094755j:plain
まずは、お約束のシジミの一番出汁!
若い丸坊主の職人さんがネタの準備をしながら提供してくれます。

f:id:sushimen:20161103095021j:plain
続いて、石川県産 天然岩モズク
少し細めのモズクでした。

f:id:sushimen:20161103095449j:plain
次は、生イクラの醤油漬!
まだ生で提供できるんですね。
小ぶりで少し皮が硬めでしたが、好きな食感でした。
この後、一口サイズの湯葉豆腐が出てきました。


f:id:sushimen:20161103095942j:plain
こちらもお約束の肝付き煮アワビ!
上手に煮ていて、柔らかさの中に歯ごたえと味わいがあります。
肝は苦手なんですが、こちらの肝は大丈夫でした。

f:id:sushimen:20161103100507j:plain
やっと1貫目、北海道ぶり!
入店のタイミングによって、提供されるネタの順番を変えている様です。
ランチタイムなので、効率的に握りたいですもんね。

f:id:sushimen:20161103100841j:plain
2貫目は、炙りカマス!

f:id:sushimen:20161103100952j:plain
3貫目は、一本釣りのアジ!

f:id:sushimen:20161103101041j:plain
4貫目は、赤身ヅケ!

f:id:sushimen:20161103101130j:plain
5貫目は、こちらもお約束のエノキ昆〆!
おろしゆず皮の風味とマッチして美味しいです。

f:id:sushimen:20161103101353j:plain
6貫目は、炙りサワラ!

f:id:sushimen:20161103101455j:plain
7貫目は、ボタンエビ!

f:id:sushimen:20161103101553j:plain
8貫目は、バフンウニ!
小川の箱ウニでした。
私も自分で鮨を握る時は、小川のウニを市場で仕入れる事が多いです。

f:id:sushimen:20161103101815j:plain
9貫目は、手巻ネギトロ!
タマネギが結構入ってるのですが、合います。

f:id:sushimen:20161103102005j:plain
10貫目は、アナゴ!
この頃には満席のためか、結構時間が経っており、
飛行機の時間が。。。と気になりはじめました。

f:id:sushimen:20161103102156j:plain
ここで、シジミたっぷりの味噌汁です。
熱さよりも時間が気になり、一気に飲み干しました。笑

f:id:sushimen:20161103102325j:plain
11貫目は、カンピョウ巻!
私が時間を気にしてることを察したのか、職人さんがペースアップしてくれました。

この後に、カステラ風の一口玉子焼、デザートにイを食べ、とりあえず格安バスに乗りました。

車内で成田空港第三ターミナル到着時間を調べたところ、搭乗リミットの5分前に着く事が分かりました。
空港で走ればギリギリ間に合う、あわよくば早目に到着すれば余裕です。


しかし、高速に入っていきなり渋滞!
結局、第三ターミナルには10分以上遅れて到着!

ダッシュで搭乗口へ行ったのですが、既に搭乗時間を10分近く過ぎています。
ダメ元で係員に聞いてみると「お急ぎ下さい!」との有難い言葉が。笑
その後すぐに、空港内に私の名前が呼び出されていたので、ギリギリセーフの状況だったのでしょう。

搭乗時間には遅れたものの、何とか定時出発でき、他の方々に迷惑をかけずに済みました。

江戸前寿司を食べる時は、時間に余裕を持って食べましょう!